生きることは死ぬこと、死ぬことは生きること

義祖母の葬儀で熊本へ。
飛行機から見る熊本の街には、ブルーシートを掛けた家が点在していました。
まだまだ震災復興への道のりは遠いようです。

熊本

この数年、ヨガ哲学や仏教の考えを学ぶ中で、自分の「死生観」というものに少しずつ変化がありました。

私たちは生まれた時からずっと、死に向かって生きている。
生きながら、少しずつ死んでゆき、また新しい生に向かう。

生は死の一部、死は生の一部。
生きることは死ぬこと、死ぬことは生きること。
どちらが良い・悪いというものではなく、ただ巡るだけ。

…そんな風に思うと、死者を送る儀式も、美しいもの・温かいものと感じられるようになりました。

生と死

ありがとう。
いってらっしゃい。
またお逢いしましょう。

Peace.