高校のキャリア教育で椅子ヨガと命の授業

大阪府立箕面東高等学校のキャリア教育の一環として、授業をさせていただきました。この取り組みでは、いろんな職業の人を講師に招いたり、いろんな職場に出かけて多様な職種や価値観を学んでいるそうです。

高校のキャリア教育で椅子ヨガと命の授業

椅子ヨガを体験してもらった後、呼吸や命についてのお話をさせていただきました。そして体験した感覚を絵に描いて表現してもらいました。

高校のキャリア教育で椅子ヨガと命の授業

吸った息が身体のどこまで広がっていくのか、吐いた息がどのように外の世界に広がっていくのか。
心は身体のどこにあるのか、他の人の心とどのようにつながっていくのか。
魂はどこにあってどんな形をしているのか、身体や心とどのように関わっているのか。

高校のキャリア教育で椅子ヨガと命の授業

事前にこのワークを提案した時、担当の先生は「この子たちには苦手な作業かも…」と懸念されていましたが、みんなそれぞれに一生懸命取り組んでくれました!

言語化しにくい内側の感覚を、絵や色で表現して外在化させることで気持ちがすっきりします。絵の上手下手は関係なく、「描く」という行為そのものに心を浄化する(カタルシス)効果があります。

高校のキャリア教育で椅子ヨガと命の授業

今回は一枚の紙の中で、自分の絵と他の人の絵をつないでいくということをやってもらいました。遊びのようなワークを通じて、人や世界との関わり、命の大切さを感じてもらえれば、と思います。

本当に貴重な経験と勉強をさせていただきました。
ご縁に感謝します。

Peace.