正しいマスクの扱い方

今日のシニアヨガクラスでは、マスクの正しい扱い方をレクチャーさせていただきました。

まずマスクの裏表。写真のようなタイプでは、ヒモの接着面が外側にくるように装着しましょう。裏向きに着けている方も多いですが、これだとお顔とマスクの間に隙間ができて効果が薄れるそうです。プリーツを広げ、隙間なく顎までぴったりカバーしましょう。
※メーカーによって仕様が違うのでパッケージをチェックしてくださいね。

正しいマスクの扱い方

使用中は埃やウイルスが付着しているのでマスク部分を手で触れないように。
外す時はヒモの部分だけを持って、ゴミ箱へ。
装着時間の長い短いに関わらず、一度使ったマスクは使い捨てが基本。
いくらマスクが手に入りにくいからといっても、使用済みのものをポケットにしまっておいて後でまた使う…なんていうことのないように。

新型肺炎が一日も早く終息し、いま苦しんでいる方々が回復するよう心から願います。

Peace.