チャレンジドヨガ

出張ヨガ教室癒しの種のチャレンジドヨガ・ハンディキャップヨガ・障がい者ヨガ・バリアフリーヨガ

チャレンジドヨガプログラムについて

『チャレンジド』という言葉について知ってください

『チャレンジド(challenged)』とは、障がいや難病などのハンディキャップを持つ人を表す新しい言葉で、「人生の中でチャレンジをするチャンスを与えられた人」という意味があります。
「障がいがあるからヨガができない」ではなく、その人その人に合わせて「できるところまでやる・できることを少しずつ増やしていく」。
ヨガを通して自主性や心の自立を応援し、心のバリアフリーを目指したいと考えています。

チャレンジドヨガの特長・効果

ハンディキャップの種類や程度に応じ、ペアワークなどを取り入れ、コミュニケーションを楽しんだり、ひとりひとりに合わせたヨガを通じて、自主性や心の自立を促します。また、みんなで呼吸や身体の動きを合わせることにより、人とのつながりや調和を感じていただけます。
聴覚障がいや視覚障がい、知的障がいや精神障がいのある方にも、わかりやすく安全にヨガを楽しんでいただけます。

聴覚障がい者のための椅子ヨガ 出張ヨガ教室 癒しの種の椅子ヨガ・チェアヨガ

対象

聴覚障がい・視覚障がい、身体障がい・知的障がい・精神障がい・発達障がい・難病をお持ちの方・車椅子の方、その他のハンディキャップのある方。
障がい児とそのご家族。障がい者の介護・支援に従事する方。

ご利用例

障がい者施設、就労支援施設、特別支援学校、手話サークルなどのイベントやプログラムのひとつとして。
介護や支援に従事する方、ご家族の方へのヨガも承ります。

チャレンジドヨガプログラム 内容の一例

ストレッチ、呼吸法、座位・立位・仰向けのポーズ・ペアワーク、瞑想
目的やテーマなどご要望に合わせて内容をアレンジさせていただきます。

手話ヨガについて

聴覚障がいのある方に向けて、手話やイラスト、ホワイトボートなどを使った「手話ヨガ」も承ります。
インストラクターは健聴者で、手話技能検定3級レベルです。
聴覚障がいのある方のレッスンでは、手話通訳者のように難易度の高い正確な会話はできない場合もありますが、もともとヨガは多くの言葉を要しません。手話ヨガは、一緒に気持ち良く身体を動かすこと、人とのコミュニケーションを楽しむことを目的としたヨガクラスですので、楽な気持ちでご利用ください。

これまでの実績

  • 大阪市NPO・市民活動企画助成事業 乳がん患者のためのピンクリボンヨガ
  • 大阪市生涯学習ネットワーク事業 聴覚障がい者のための親子ヨガ
  • 堺市立健康福祉プラザ 聴覚障がい者のための親子ヨガ
  • 大阪聴力障害者協会 地域活動支援センター「ほほえみ」 手話ヨガ
  • 住吉総合福祉センター 精神障がい者のためのヨガ
  • 神戸市保険福祉局 呼吸器疾患患者のためのヨガ
  • 二分脊椎症協会 椅子ヨガ
  • 障がい児の介護ママのためのヨガ
  • たなべ緑の風作業所 職員のための腰痛予防ヨガ
  • 精神科 西口診療所 精神障がい者のためのヨガ
  • アウトドアヨガ祭り ハンディキャップヨガ
  • アウトドアヨガ祭り 手話ヨガ
  • 発達障がい就労支援プログラム 椅子ヨガ
  • 大阪市総合生涯学習センター 聴覚障がい者のための椅子ヨガ
  • ポリオネットワーク リラックスヨガ

出張ヨガ教室癒しの種のチャレンジドヨガ・ハンディキャップヨガ・障がい者ヨガ・バリアフリーヨガ 出張ヨガ教室癒しの種のチャレンジドヨガ・ハンディキャップヨガ・障がい者ヨガ・バリアフリーヨガ

ご用意いただくもの

場所

受講人数が運動できる広さの部屋。
(フローリング・畳・カーペット等の床が望ましい)

ヨガマット

人数分のヨガマットまたは滑りにくいシートなどをご用意ください。
(畳・カーペットの場合はバスタオルでも可)

参加者さま各自でご用意いただくもの

動きやすい服装・フェイスタオル(1枚)・水

出張エリア

大阪府

大阪市・堺市・池田市・箕面市・豊中市・吹田市・茨城市・高槻市・枚方市・交野市・守口市・門真市・東大阪市

兵庫県

神戸市・尼崎市・伊丹市・川西市・宝塚市・西宮市・芦屋市・加古川市・姫路市

京都府

京都市・京田辺市・城陽市

※上記エリアを中心に、日本全国出張します

癒しの種へのお問い合わせ