児童養護施設へのラブレター 13

みらいこども財団さまを通じて、児童養護施設の子どもたちにお手紙を書く「ラブレターチーム」に参加して、毎月ヨガを伝えています。

さまざまな理由で親と一緒に暮らせない施設の子どもたちは、毎月いろんな職業の人や大学生のみなさんから届くお手紙を楽しみにしているそうです。

1回にハガキ半分程度という制限がありますが、ヨガを通して心と身体の栄養になる内容を少しずつ伝えていきたいと思います。

児童養護施設へのラブレター

今回紹介するのは、胃腸のマッサージです。手のひら全体でお腹を温めるように優しく円を描きます。深い呼吸も忘れずに。

児童養護施設には虐待などで心に傷を受け、自分をうまくコントロールできない子たちもいます。不安な時やパニックになりそうな時、「今ここ」にある自分の身体を感じることが大事。そして自分の身体に感謝できるようになればいいな…という心からの想いを込めて。

冷たい飲み物やアイスなどを食べて胃腸が弱りやすい季節ですので、ぜひみなさんもご一緒にどうぞ。

児童養護施設へのラブレター

※「たのしいYOGA」の絵を使いたいと有難いお声をいただいたので、今回からスキャンしたものをアップさせていただきます。どうぞご自由にお使いください。

Peace.