もしバナゲーム

もしものハナシ。
自分の余命があとわずかだと分かった時、何を大切にしたいですか?

どんな医療を受けたい?
誰に側にいて欲しい?
誰に話を聴いて欲しい?
家族との時間?
お金の整理?
信仰?
尊厳?

『もしバナゲーム』は、「もうすぐ自分が死ぬ」という限定されたシチュエーションの中で、何を大切にしたいかを考えるゲーム。
先日、終末期医療や死生観を考える勉強会で体験して、大変面白かったので身近にいるみなさんとやってみました。

もしバナゲーム 

普段意識していない深い部分の自分が見えてきます。
また、なぜそれを大切にしたいかを人とシェアし合うことで、いろんな価値観・死生観に触れることができます。

もしバナゲーム

選んだカードを並べてみんなで味わいます。
「私って実はこんな事を考えてたんだ…」と本当の自分に気づき驚かれる人も。

もしバナゲーム

少しぎょっとするような強烈なゲームですが、みんなで死について考えるのは意外にも穏やかな時間。
無理をしないことと、他人の価値観を否定しないことがルール。
家族や身近な人と気軽にやってみて話し合うきっかけになればいいですね。

Peace.