児童養護施設へのラブレター 17

みらいこども財団さまを通じて、児童養護施設の子どもたちにお手紙を書く「ラブレターチーム」に参加して、毎月ヨガを伝えています。

さまざまな理由で親と一緒に暮らせない施設の子どもたちは、毎月いろんな職業の人や大学生のみなさんから届くお手紙を楽しみにしているそうです。

1回にハガキ半分程度という制限がありますが、ヨガを通して心と身体の栄養になる内容を少しずつ伝えていきたいと思います。

児童養護施設へのラブレター

今回紹介するのは、「橋のポーズ」です。
膝を曲げた状態で仰向けに寝て、息を吸いながらゆっくりとお尻を持ち上げます。胸を顔の方に引き寄せてくるイメージです。
肩甲骨を引き寄せ組んだ両手で床を押すと安定します。
自然な呼吸で20秒ほどキープ。体幹の強化や腰痛の改善に効果があります。

美味しいものがいっぱいの秋。涼しくなって食欲も旺盛になる季節なので、身体もしっかり動かしたいですね。
みなさんもご一緒にどうぞ。

児童養護施設へのラブレター

※「たのしいYOGA」の絵を使いたいと有難いお声をいただいたので、スキャンしたものもアップさせていただきます。どうぞご自由にお使いください。

Peace.